【S12 シングルレート最高1984】優先度の違いを見せつけろ! グソクグロスヒトムミミッキュランドアーゴ

S12お疲れさまでした!

USUMになってから中々自己最高レートを更新できずにいましたが、この構築でやっと自己最高を更新しました。

悔しいことに2000に乗ることことそ出来ませんでしたが、自分としてよくできたと思って初めての構築記事を投稿することとなりました。

 

TNmyu2で一貫して潜っていたので、マッチングした対戦相手の方々、対戦ありがとうございました。

では、構築の内容に移っていこうと思います。

 

並びはこちら


f:id:ponponpoke:20181107082328j:image


f:id:ponponpoke:20181107082416j:image

【構築経緯】

ゲッコウガをとにかくぶっ〇したかった。

ランドアーゴギャラという構築で以前までは潜っていたのですが、これがゲッコウガが無茶苦茶キツイのです。

ランド勝てないし、アーゴヨンは素早さにブーストかけてもスカーフで止められるし、ギャラはめざ電でテロされたり、かと言ってメガすると草Zが飛んでくる。

こんな事が多々あり、ゲッコウガに下をとって立回るのは愚策だと俺も思い、グソクムシャの採用にいたり、そしてグソクがきついテテフをグロスで見て、それらを見てくる物理受けをじヒートロトムで見て、ラストは剣舞で無理やり崩してくれるミミッキュになりました。

 

【個体紹介】

メガメタグロス


f:id:ponponpoke:20181107083733j:image

持ち物メガ石

性格意地っ張り

特性クリアボディ→硬い爪

技構成 アイアンヘッド バレットパンチ 地震 冷凍パンチ

実数値(努力値):177(172)-202(152)-170-✕-135(36)-149(148)

 

このPTのメガ枠、最強メガ枠の一角たる所以を見せつけてくれました。

主な役割はミミッキュボーマンダを殺して貰うことです。

その他もステータスによるゴリ押しをしてくれました。

それとこの耐久調整はメガゲンガーの臆病シャドボ耐えまで振ってます。うちのパーティはゴーストの一貫がヤバいのでゲンガーと対面してしまった時、無理やり突破するための調整です。

しかし、Sを割いてるせいで陽気ミミッキュに上を取られるのが痛手でした。

 

グソクムシャ
f:id:ponponpoke:20181107085501j:image

持ち物 ゴツゴツメット

性格 意地っ張り

特性 危機回避

技構成 出会い頭 アクアブレイク アクアジェット 毒々

努力値 181(244)-194(252)-161(4)-✕-110-60

 

最強のカエルキラー。

優先度+2の一致先制技で相手の先制技すら上から捻り潰す、真の高速ポケ。

カエルはこのPTに殆ど先発で来るのでそれに対してこちらは先発でこれを投げてぶっ〇します。

ですがまぁ、そんな簡単には行かないもの。大概カエルは引いてマンダとかポリ2に引いてくるのでそれに毒をさしてサイクル有利をとったり結構ピーキーな動きをしないといけない所も愛嬌。

ギャラのメガ抑制や、優先度によるストッパーとして活躍してくれた。

 

アーゴヨン
f:id:ponponpoke:20181109183250j:image

持ち物 ドラゴンZ

性格 臆病

特性 ビーストブースト

技構成 流星群 ヘドロウェーブ 大文字 悪巧み

努力値 148-✕93-179(252)-94(4)-190(252)

このパーティーの軸(一応)

しかし、選出率は最下位だと思います。

ミミッキュを筆頭に現環境ではほとんどのポケモンで止めれてしまうこのポケモン、正直こいつで3タテ!、というのは夢物語で殆ど見せポケとしてしか機能してない残念ポケモンでした。

一応軸なので最後までいましたし、それなりに選出もしたのですが如何せん止められる事が多すぎて、ぬきエースとしてはちょっと......

 

ランドロス(霊獣フォルム)


f:id:ponponpoke:20181109184601j:image

持ち物 きあいのタスキ

性格 陽気

特性 威嚇

技構成 地震 岩石封じ ステルスロック 大爆発

努力値 165(4)-197(252)-110-✕-100-157(252)

 

このPTの最強選出誘導。

こいつがいるだけで初手は殆どゲッコウガが出てくるというカエルホイホイ。

きあいのタスキというアイテムが優秀ゆえ裏から出しても先発で出しても強いし、威嚇もいい仕事をしてくれた。

こいつを選出して腐ることはほとんど無かったし、活躍したと言いきれる。

襷ランドという型自体は数が少ないが、耐久振りとはまた違う強さが見れた。

 

ミミッキュ


f:id:ponponpoke:20181109190003j:image

持ち物 ゴーストZ

性格 意 地っ張り

特性 化けの皮

技構成 じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞

努力値 131(4)-156(252)-100-✕-125-148(252)

 

最強

ゴリ押し!ゴリ押し!ゴリ押し!ゴリ押し!って感じで動かしてました。

重いポケモンをゴリ押しで突破というこの小さい体からは想像出来ないパワーを見せてくれました。

 

ヒートロトム


f:id:ponponpoke:20181109191744j:image

持ち物 カゴの実

性格 臆病

特性 浮遊

技構成 オーバーヒート 放電 毒々 眠る

努力値 157(252)-✕-127-125-128(4)-151(252)

 

地雷枠。サンダー、ポリ2、ヒードランなどをハメ〇すことが出来る。

ヒートロトムは結構毒を誘うので眠るが活躍する時は多かった。

 

 

 

耐久が足りねぇ!!!

 

 

 

という感じでした。

正直、完成されてるPT、という訳ではなく、寧ろシーズンが終わってから考えると何故勝てていたのか分からない程欠陥に溢れています。

カバマンダガルドに勝てないことを筆頭に多くの欠陥に気づき、それ故2000に行けなかったんでしょう。

なので、この記事は僕の日記の様なものであり、宛にする事はお勧めしません。

こんな拙い構築記事を最後読んでいただきありがとうございました。